*
トップページ / ゲーム / 旧制作物

2019年12月22日 - 令和最初の年越しは東の都で



冬コミのお品書きです! 今週末にはもうC97なんですね。早い!

ミリオネア体験版ですが、PV制作後にまた少しいじったので、微妙にまたよろしくなりました。テキスト周りの表現が少し変わったかも。うふふ。

そして前前作『マジックポーション・エクスプローラー』のDLカードですが、新調したことで0.7ミリ厚のデラックスなカードになりました。 クレジットカードと同じ厚です。リッチ感がゼンゼン違います。これから買われる方はお楽しみに。 ただこれに伴い、今回から内容は非Steam版のみとなります(Steamキー同梱しません)のでご了承ください。 Steam版をお求めの方はSteamのストアでどうぞ!

2019年12月14日 - 今度の体験版は一味違うぜ



今月末の冬コミにて『マジックポーション・ミリオネア 2019冬体験版』を出します!

出展情報:
 コミックマーケット97
 12/31(4日目) 南メ08a『ARTIFACTS』


今度の体験版はこれまでのとは違い、製品版の序盤の流れにほぼなぞらえて作られてます。 数々の新要素が実装されている上、ダンジョンも複数用意されているので、ボリューム的には前体験版の5倍くらいになってると思います。 どうぞ存分に体験していってください。

2019年7月19日 - 冷夏でもアツい夏



この夏はイベントに2つ出展します!

第3回全国エンタメまつり(ぜんため)
 出展日時:8/3~4
 公式サイト: zentame.com

コミックマーケット96
 出展日時:8/12(4日目) ブース:南メ12a
 公式サイト: comiket.co.jp

BitSummitで京都、今回で岐阜・東京と出展することになるので、いい感じで万遍ない地域でお披露目できそうです。 今回出すミリオネア体験版、BitSummitでのフィードバックを元にまたいろいろ進化させてますのでどうぞお楽しみに! かなり遊びやすくなってるはず!

なおDLカードの名前がまた「2019夏体験版」となってますが、これはBitSummit版と同じDLページからダウンロードできるようにしてるためです。 ぜんため開催日に合わせて同ページから"8月版"がダウンロードできるようになるので、BitSummitでDLカードを購入された方は二度買う必要はありません。 またぜひ楽しんでってください!

2019年6月5日 - ダークモード



サイトのデザインをちょっと変えてみました。そう、昨今流行りのダークモードです。 これで暗いところで見ても目を焼きませんね。訪問者への愛あふれるARTIFACTSです。

知らないうちにcssでグラデーションが作れるようになってたので、ここぞとばかりにたくさん使わせてもらいました。 画像を作らなくてもこうした表現を組み込めるようになったのはありがたいですね!

2019年6月3日 - 祭りの余韻

BitSummit、大盛況でしたね! 今作ミリオネアが多くの人に馴染みの深いサイドビューアクションゲームだったおかげか、 うちのブースもかつてないお客さんの数でした! うれしい!

特に今回、小さなお子さんに何度も遊ばれてたのがかなりの衝撃でした。 わかりやすいゲームつよい。 いろいろフィードバックをもらえたので、まだまだ直感で遊べるようにもいじりますよ。楽しみにしててね。

次のイベントは8月のぜんためですね! まだ出展合否は出てません。もし受かっていたなら、今度は岐阜でお会いいたしましょう!

2019年5月25日 - ブースと販売物おしながき

BitSummitのブース配置が決まりました。G-11です!



なんと会場のどまんなかです。
ここからのステージの眺めが良ければ役得なのですが、さてどうなのでしょうね?



なお、今回も会場でプレイできる体験版をDLカードで販売してます。 C95体験版からまた一段と進化してますので、どうぞお楽しみに。 それでは現地でお会いいたしましょう!

2019年5月13日 - BitSummit 7 Spiritsに出展します

2年ぶりのBitSummit参戦!
今回は新作を引っさげての参加ということで、気合い入れて行きますよ。
BitSummit公式サイトの『マジックポーション・ミリオネア』紹介ページはこちら。

2019年1月1日 - 謹賀新年

新年あけましておめでとうございます! 今年もARTIFACTSをよろしくお願いいたします。

今年こそマジックポーション・ミリオネアを完成させたいですね! 『私がこの場で目標を書くと実現しない』というジンクスがありますが、さすがに2年で仕上げたいです。 ミリオネアはそんなフクザツな大作にするつもりはないので、シンプルなシステムでそこそこ長く楽しめる、そんな一作にしたいですね。

ありがたいことに昨年末のC95体験版はわりと高評価をいただけました。 その楽しさを継続・増幅できる仕組みをうまく作ってやりたいものです。