*
トップページ / ゲーム / 旧制作物

2015年12月15日 - C89おしながき

冬コミまであと半月! ここでそろそろ今回のおしながきを書いておこうと思います。
売り物は今夏のBitSummit2015で出してたものです。夏に京都まで来れなかった方はぜひ!

・新作『マジックポーション・エクスプローラー』ダウンロードカード 1000円
・前作『マジックポーション・ストーリーズ』CD-ROM版 1000円
・まじぽ劇中登場オリジナルタロットカード 1000円


過去作ストーリーズはCD-ROMですが、新作エクスプローラーはダウンロードカードでの販売となります。



カードには個別にシリアルナンバーとパスワードが記載されていて、 案内にあるURL先( densyo.jp/f/90 )の入力欄に 必要事項を入力するとソフトがダウンロードできる流れです。(対面電書さんのサービスをお借りしています)



コミケもDL販売物に対しての規約を設け始めたようで、この販売方法が世に浸透してきた感があります。 DLカードは荷物としてもかさばらないので、遠征組の身としてはとてもラクで便利な商品ですね!

2015年12月1日 - アドベントセール!

【アドベント】
アドベント (Advent) は、キリスト教西方教会において、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間のことである。(wikipediaより引用)


――聖なるかな。聖なるかな。聖なるかな。そう、それは神聖なる事象、S・A・L・E。

PLAYISMは言われた。「見よ、これが私たちのセールである」

神の子の降臨に等しき偉大なるセールを前に、人々は天を仰ぎ、畏れ、おののき、財産を捧ごめんなさいこれくらいにしときます。



さておき、本日よりPLAYISMさんちでアドベントセールが始まりました。 このセールでは、旧作マジックポーション・ストーリーズが、なんと50%OFF! そして半年前にリリースしたばかりのマジックポーション・エクスプローラーが、な、なななんと20%OFFになっております! エクスプローラーのセールは、ローンチディスカウントを除き今回が初です!

初セール……なんて心躍る響きなのでしょう。 どうぞ浮いたお金でクリスマスはサグラダ・ファミリアなどに出かけ、相方とキャッキャウフフしちゃってください。

2015年11月18日 - サイトリニューアル!

5年ぶりにサイトを新調しました!

ARTIFACTSのここ最近の活動はゲーム制作がメインになってるので、そちら方面にフォーカスを置いたサイトにしてみました。
これで多少は見やすいサイトになったと思います。
昔の古いコンテンツは一応残すことにしました。短編『CHAOS!!』は魔法薬シリーズの原点として残しておきたかったし、お絵かき作例は自分の備忘録としても重宝だったので。

なおこの画像は英語版の『マジックポーション・エクスプローラー』。 サイト内のどこにも画像写真がなかったので、ここで掲載しておきます。
現在は次なる新作を開発中。 ツイッター上ではちょくちょく情報を出してましたが、次回作はまた雰囲気の違った作品になりそうです。 どうぞお楽しみ!

2015年10月9日 - まじぽEX、PLAYISMへ

『マジックポーション・エクスプローラー』、本日よりPLAYISMさんでも販売開始となりました!
現在、ローンチディスカウントで10%OFFです!


前作『マジックポーション・ストーリーズ』に続き、今作もPLAYISMさんに取り扱っていただく運びとなりました。 昨日は昨日でPLAYISM公式チャンネルで実況生放送までしていただき、拙者誠に果報者でございます。どうか多くの方々に楽しんでもらえますように!

なお、前作ではローカライズは行ないませんでしたが、今作は英語版も存在します! PLAYISM海外サイトにて取り扱っておりますので、英語圏の方々はこちらにてどうぞ!

2015年9月8日 - バージョン番号なんて飾りですよ

このところ『マジックポーション・エクスプローラー』の英語版を制作していたのですが(二言語対応版はウディタの仕様的に難しかったので、日本語版と英語版に分けることにしました)、この英語版を作ってる間にいろいろたくさんと修正を施してきたので、本日、日本語版をこれに合わせて大更新しました。
このver1.03はけっこーいろいろと変わっています。詳しくは更新履歴をご確認下さいませ。

例によって、隠しテキストも形を変えて仕込まれてます。どうぞお探しあれ。

2015年8月25日 - 1年半ぶりの更新

前々作『マジックポーション・ストーリーズ』を久しぶりに更新しました。
主な修正内容は使用フォントの変更ですが、他にも隠しシナリオの仕様変更(製品版のみ)といった大掛かりなこともしてますので、お持ちの方はぜひ更新してみてくださいませ。

(隠しシナリオについて知りたい方は、以下の空白をドラッグで反転)

隠しシナリオは前編と後編ふたつ存在し、製品版で第25話と第50話を読了するとそれぞれアクセスできるようになります。 入口を探してみましょう。内容は少々衝撃的なのでご注意。
仕様変更前は、ゲームフォルダ内にテキストファイルとしてこっそり出力されていた存在でした。

2015年8月12日 - Wサマーセール!

夏です。夏といえばセールです。今年もやってまいりました。



この夏はPLAYISMさんのところ(8/25まで)と、さらにDLsiteさんのところ(9/2まで)で、前作『マジックポーション・ストーリーズ』が、な、なななんと半額になっております!

半額……なんて心踊る響きなのでしょう。どうぞ浮いたお金でWindows10マシンを新調して相方とオンラインでキャッキャウフフしちゃってください。

2015年7月14日 - まじぽEX製品版リリース開始!

BitSummitに参加された方々、おつかれさまでした!
きっと来ると恐れられていた台風を見事に回避し、奇跡のイベント日和でした。
ウチのブースまで足を運んでくださった皆々様、ありがとうございました!
心の栄養をたくさん頂戴いたしました。きっと次回作開発に活きることでしょう。

さてこのイベントでDLカードの形で初売りした『マジックポーション・エクスプローラー』ですが、 本日よりBOOTHによるDL販売を開始しました。
遠路はるばる関西まで来られなかった方も、今日からオンラインでお買い上げいただけます!

(←作品販売ページにジャンプします)

なお当作品は今のところ日本語のみの仕様ですが、現在英語ローカライズを進めております。
時期が来れば、オンライン更新で言語選択機能を実装する予定です。(※多言語機能の実装は制作ツールの仕様的に難しかったので、日本語版と英語版に分けてリリースすることになりました)

BitSummitでウチのゲームが海外の人にもちゃんと遊んでもらえることがわかったので、 このローカライズは私も非常に楽しみにしております!

2015年7月10日 - BitSummit前日

いよいよ明日ですね。京の地でお待ちしております!

2015年7月7日 - 七夕に願うは週末の空模様

BitSummit当日が台風らしいので、雨濡れに備えてダウンロードカードをラミネート処理してみたら想像以上の美しさに。

耐水性だけでなく光沢・質感もともなって、かなりリッチな感じになりました。
当日販売のダウンロードカードはすべてこんな感じになります!

2015年6月22日 - BitSummitおしながき

7月11~12日のBitSummitで販売予定の商品は以下の通りです。

・新作『マジックポーション・エクスプローラー』ダウンロードカード 1000円
・前作『マジックポーション・ストーリーズ』CD-ROM版 1000円
・まじぽ劇中登場オリジナルタロットカード 1000円


このイベントで販売予定の『マジックポーション・エクスプローラー』ですが、今作はROMディスクではなく、このようなダウンロードカードの形で提供する予定です。



カードには個別にシリアルナンバーとパスワードが記載されています。
案内にあるURL( densyo.jp/f/90 )に行くとシリアルナンバーとパスワードの入力欄があるので、必要事項を入力するとソフトがダウンロードできる流れです。
(対面電書さんのサービスをお借りしています。イベント当日まで入力欄は出てません)



なお『マジックポーション・エクスプローラー』はこのイベント数日後、ダウンロード販売の方も開始していく予定です。イベントに来れなかった方はこちらをお楽しみに。

2015年6月9日 - BitSummit2015参加決定! & まじぽEX体験版リリース!

昨晩通達がありました。BitSummit2015、参加決定しました! これで『マジックポーション・エクスプローラー』のイベントでの初売りも実現しそうです。 いつだったか「BitSummit合わせで新作出していけたらいいなー」とかどこかで言ってましたが、 偶然が幸いして(BitSummitは元々3月開催予定でした)ずいぶんと早く叶ってしまいましたね。

さてここに来て『マジックポーション・エクスプローラー』リリース予定一ヶ月前にもなったので、 そろそろ体験版を公開することにしました。 製品紹介ページに体験版ダウンロードのリンクを追加しましたので、どうぞお楽しみあれ!

2015年6月5日 - 販路広げてみました

そんなわけで、秋葉原の同人ゲームショップ三月兎さんげっと店さんにて『マジックポーション・ストーリーズ』パッケージ版の販売が開始されました!

まじぽパケ版は現状イベント売りの時以外はなかなか見れる機会がないと思うので、ご興味ある方はさんげっとさんちにお立ち寄りをば!

2015年5月29日 - まじぽEX PV



7月11~12日開催のBitSummit2015で初売りできればと思います。 まだ当落決まってないのですがw

2015年5月11日 - PLAYISM4周年セール開催!

PLAYISMさん、なんと今日で設立4年目になるそうです。早いものですね!
そんなPLAYISMさんちではこの4周年記念を祝し、5/11~5/17の期間で特別セールを実施されてます。
ウチの『マジックポーション・ストーリーズ』は、なんと半額の500円に!



半額……なんて心踊る響きなのでしょう。
どうぞ浮いたお金で一足遅い豪華GW旅行に出かけて相方とキャッキャウフフしちゃってください。

2015年4月30日 - そこにダンジョンがあるから

いつもこの時期私がデバッグお手伝いさせていただいてるサークル『犬と猫』さんが、 先日ついに新たな作品『ダンジョン少女』をリリースされたので宣伝!



その名の通り、過酷なダンジョンに可憐な女の子がその身で挑むゲームです。シンパシーを感じます。 『パズルチックRPG』と肩書にあるように、今作は頭の回転の良さが強さにつながるゲームとなってます。 その場その場のひらめきで一発逆転を誘い、手強い敵たちをぶちのめし、 地下1000階にも及ぶこの超絶遠大なダンジョンを踏破してやりましょう!

2015年4月18日 - 2015年のクリエイターたちへ

アイデアメーカー、思ったより人様に使ってもらわれてるらしく、 登録単語数を1000よりもっと増やしてほしいとの声を頂戴いたしました。 そこまで愛用していただいてるとは。了解です。

そんなわけでアイデアメーカー、ver1.01にバージョンアップしました。
登録単語数の上限を撤廃し、無制限に単語を登録できるようになりました。
ただ少々高速化したとはいえ、あまりに単語数が増えると処理がどんどん重くなるのでご注意!
また今回、表示単語数が2~15から1~15になりました。表示数1も有用と思ったので。

2015年4月1日 - 戦うパステルさん

開発中の新作について少し情報を公開しました。
新作のタイトルは『マジックポーション・エクスプローラー』
『ストーリーズ』に続き、主役はあのパステルさんが飾ります!
が、前回の日記にあるように今作はビジュアルノベル作品ではありません。




今度のパステルさんは単身ダンジョンに潜り、容赦なくガツンガツン敵をぶちのめします。
道中で薬を作って自己強化し、ダンジョンの深層を目指す、そんな探索型ゲームになります。
早ければ今夏にリリースできればと考えてますので、お楽しみをば。

……四月馬鹿ネタじゃありませんよ?
なおこの画像はまだまだ開発中のものなので、今後デザイン等が変わる可能性はわりとあります。

2015年3月2日 - 異形の実験作

『瞳の中のアビス』に続く次回作は……もしかするとビジュアルノベルではなくなるかもしれません。
ふと思い立って試験的に作り始めてみたゲームが、先に形になってしまいそうです。


画像素材は仮なのでどこか過去作品で見たような絵面ですが、
実際、『地下99階のロンド』の画面構成をベースにした、放置系RPGライクなゲームです。
ノベルゲーム以外のゲームを作るのはこれが初めてかも。

汎用ゲーム制作ツールたるウディタの可能性を追求して実験してるうちに
なんか形になってきてしまったこの作品。はてさてどんな姿に落ち着くのやら?
あまりこの作品に開発期間をとるつもりはないので、
出るならわりと早いうちにリリースされるでしょう。どうぞお楽しみに。

2015年1月1日 - 謹賀新年。

「隊長! 新年あけましておめでとうございます!(ドンッ)」
「あっちいッ!! てめェお雑煮こぼしちまったじゃねェかバカ野郎」
「す、すびばぜ……。ていうか隊長、なんかこのやりとりも結構デジャヴなのですが。
 アレですか? これが世に言う“ネタの使いまわし”――」
「貴様リアルなこと言うんじゃねぇッ!!」
「すびばぜ」

・・・

「……で、何やってんださっきから」
「書き初めでございます」
「かきぞめぇ??」
「今年の抱負を綴り、決意の礎とするのであります。
 前々作では脇役に落ちぶれ、前作に至っては出演すらさせてもらえなかった我々……。
 このままではいかんのです!! 今こそ我々は一念発起してこの世界に革命を起こし!
 主役へと返り咲き! かつての栄光を取り戻すのですッ!!」
「別に落ちぶれたつもりなどないぞ。最初のシリーズが一段落し、新シリーズになり、
 登場キャラも増え、それで我々が舞台を譲ったのは自然な流れだろうが」
「なに言ってんですかあーたッ?! 主役じゃなくなったことの重大さがわかってない!!
 ボクらが主人公補正もない身でおなご相手にキャッキャウフフできるわけないじゃあないですかッ!!」
「どけ。この書き初めはオレが書いてやる」
「え、ちょ」





『滅私』





「…………」
「…………」
「こんな体育会系の抱負はいやでございます」
「貴様の抱負ではなく次回作の“伏線”、かもな」
「え?」
「さぁて」